映像業務

  

ホームページ業務

東三河のインターネット番組

 

西谷文和さん講演「原発と戦争」

報道ステーションでおなじみの西谷文和さんが撮影した、アラブ諸国の紛争地帯などの映像を解説。

 テレビ朝日の報道ステーションでもおなじみのジャーナリストである西谷文和さんが、豊橋のカリオンビルにて「原発と戦争」をテーマに講演されました。主催は、浜岡原発の危険性を考える会です。会場は、お客様でいっぱいとなり、立ち見の方も出るほどでした。また、ゲストとして「脱原発宣言」をされた湖西市の三上市長も来られて、非常に強力的な講演会になりました。

 今回紹介する動画は講演の前半で、西谷さんがバーレーン、リビアなどの紛争地帯で撮影してこられた映像を解説してくれました。撮影者本人の本当に貴重な話でもありますので、紛争地帯の生々しい悲惨な状況がよくわかりました。アフガニスタンの映像では、劣化ウラン弾によって苦しむ赤ちゃんなどの様子が撮影されていて、言葉が出なくなります・・・。

 また、今回の映像にはありませんが、後半は原発の講演をされました。原発に付きましても、電力会社や国の対応の酷さを痛感してしまいます。原発の話ではテレビ映像が含まれるため、誠に残念ですがこちらではご紹介を控えさせて頂いています。

 西谷さんの講演のあとは、西谷さんと湖西市の三上市長が参加者からの質問タイムです。そして講演後は、カリオンビルの別室で西谷さんと三上市長を囲んで参加者達との座談会です。そこでも、狭い部屋が20人ほどの参加者で埋まってしまいました。西谷さんはとても気さくで、今回の映像を豊橋ドットテレビで紹介させて頂くに当たってご快諾頂きました。西谷さんには、本当に心より感謝申し上げます。紛争地帯で人の生死を見つめてきた西谷さんだからこそでしょうか、とても温かい人柄を感じました。
西谷文和さんツイッター

<撮影後記>
 座談会後は西谷さんと主催者の方々とで食事会をされたそうで、私カメラマンは都合が付かず行けなかったのがとても残念です。

【撮影日】2011年12月10日
【主 催】浜岡原発の危険性を考える会
【BGM】MusMus

【 撮影場所: 豊橋市民センターオレンジプラザ(カリオンビル)】

より大きな地図で 豊橋 を表示